/// 髙須学、坂下和長、中庭日出海の3名がこれまで各々のプロジェクトで携わり開発、発表してきたプロダクトの数々は、共通項として空間と素材との関係性、人と時間との関係性等を読み解きながらもシンプルな「形態」「意匠」として作品に落とし込んだものが多い。 互いに共通する部分を持ちながらも、三者三様の解釈がそこにはある。今期の展示では「シンプル」の先に潜む背景やストーリーから導き出された使い手に寄り添うコンパクトな家具とプロダクトの新作発表をいたします。 3回目となる今回は、「行為の先にある現象」をプロダクトに転換するということから考えました。 一般的な製作工程や流通する素材をもとに、別の視点からのアプローチによって導き出された作品を展示します。高須はステンレスメッシュを用いたスツールや立体作品。坂下は鋳造と木工によるコンセプチュアルかつプリミティブな作品を、中庭はシリコーン樹脂を使った手成形による作品などを展示します。 「行為の先にある現象」、その姿をご覧ください。
/// 髙須 学 GakuTakasu
インテリアデザイナー、プロダクトデザイナー。1974年生まれ。建築事務所に入社後、2002年にタカスガクデザイン設立。福岡と東京を拠点とし「シンプルに、永く、美しく」をデザインコンセプトに主に商業環境にまつわる空間設計と家具プロダクトのデザイン、開発を行う。
Takasu Gaku Design and Associates 主宰。 www.gaku-design.com
/// 坂下和長 KazunagaSakashita
プロダクトデザイナー。1976年生まれ。〈CONRAN SHOP〉、〈NEST〉を経て、2006年にCRITIBA Design+Direction(クリチーバ)として活動開始。福岡を拠点に、素材の特性と異素材との関係性、モノの持つ背景やストーリーをふまえ、シンプルだが奥行きのあるデザインを目指す。
CRITIBA 主宰。 www.critiba.com
/// 中庭日出海 HidemiNakaniwa
プロダクトデザイナー。1981年生まれ。建築設計事務所勤務と平行しフリーランスでの活動を経て、2007年になかにわデザインオフィス設立。 福岡を拠点に九州全域で、家具プロダクト、空間に限らず食品や化粧品など幅広いジャンルで企画、開発に携わる。
なかにわデザインオフィス 主宰。 www.nakaniwadesign.jp
会期 2018年12月7日(木)〜9日(日)
時間 8:00am-20:00pm 最終日 6:00pmまで
会場 TAGSTÅ 福岡県福岡市中央区春吉1-7-11 スペースキューブ1F 〒810-0003
問合せ info@nakaniwadesign.jp(なかにわデザインオフィス)

///『レセプションパーティ』12月7日(金)/6:00pm〜/参加費無料
Exhibition Vol,2 at DESIGNART 2017

髙須学
“decomposition reconstruction”

坂下和長
“OOU / OBLAAT”

中庭日出海
“APT series”
Beyond The Simplicity, Exibition Vol,3

企画展主催 髙須 学+坂下和長+中庭日出海
AD+D 古内一平(SPOOL)
D 青柳理佳子
Photograph Ippei Furuuchi

禁無断転載・複製
© beyond the simplicity 2018